刺繍を入れて利用する作業服

一般的に購入した作業服には何も刺繍などは入っておらず、社名を入れる場合には事前にサービスを利用するか事後に別の会社などに刺繍を依頼することによって入れることができます。

これは実店舗で購入した場合はほとんどが事後に刺繍を入れなくてはいけないのですが、通販などで利用した場合は無料もしくは有料で事前にサービスを受けることができます。


と言うのも、通販の場合は注文を受けてから発注するまでの期間にサービスを導入することができる期間があるので、利用者がサービスを希望する場合は作業服に刺繍を入れることが可能となっているのです。そのためサービスを利用することができる通販サイトなどでは、利用するかどうかを選択することができるほか、利用する場合はどのような文字や単語を入れるのか、文字のデザインをどうするかなどを自由に決めることができます。一般的には複数の作業服に入れる場合に利用されることがほとんどですが、最近では1着からでも利用することができるというところが増えてきており、一般家庭などで利用する場合でもサービスを受けることができるようになってきています。


このようなことから作業服にもオリジナリティが求められるようになってきており、社名以外にも名前や単語、文章などを刺繍するということが増えてきているようです。

これによって作業服からでも十分なインパクトを与えることができるため、おしゃれでかっこいいデザインを楽しむことができます。作業服は動きやすいことが重要になります。

また、多くの人が行きかう作業場の場合は、所属している組織をはっきり示すことができ、名前もわかるようなものが望ましいといえるでしょう。毎日汚れが付き、頻繁に洗うことになるものでもあるため、耐久性も重要なポイントとなります。そういった点に留意して適切な服を選んでいきたいものです。



そこで取り入れたいのが刺繍による名入れです。

作業服はどれも似たり寄ったりのデザインになってしまい、デザインで所属や氏名を見分けるという事が難しいものです。
だからこそ組織や個人の識別をしやすくする工夫として名入れをすることが必要になるのです。
作業の邪魔にならずに見分けやすい位置に名前を入れておきたいものです。



なぜ刺繍が良いのかというと、洗濯などにも耐えやすいからです。名前を入れる方法として、印刷や書きこむという手段をとることができますが、こうした方法で入れたものは洗濯を重ねるととれてしまうことが多いものです。

薄くなった状態では識別のための役割を果たせなくなってしまうのです。



そのため、汚れやすく清潔に保つ必要がある作業服には、洗濯を重ねても取れにくい刺繍で名入れをする必要があるのです。作業服を購入するときにサービスとして刺繍で名入れをしてくれる業者もあります。

単純にモノの値段だけを考えるのではなく、こうした付随するサービスの良しあしにも注目しながら作業服納入業者を選んでいくとよいでしょう。

関連リンク

  • 作業服は購入する際には会社名や個人名は記載されておらず、オプションサービスを利用することによって名前や会社名を入れることが可能となっています。それによってまとめて購入してもすべてに文字を入れることが可能となっているので、あとで会社名や個人名を入れる手間を省くことができるようになっているわけです。...

  • 一般的に購入した作業服には何も刺繍などは入っておらず、社名を入れる場合には事前にサービスを利用するか事後に別の会社などに刺繍を依頼することによって入れることができます。これは実店舗で購入した場合はほとんどが事後に刺繍を入れなくてはいけないのですが、通販などで利用した場合は無料もしくは有料で事前にサービスを受けることができます。...