会社設立時の資本金は現金だけではありません

会社設立を行う時には必ず資本金を払い込みする必要が有ります。
新会社法が制定されたことで、株式会社設立の最低資本金の額は1000万円から1円と言う金額に引き下げられています。



しかしながら、資本金は会社の規模を表す指標でもあり、1円で設立するケースは少なく、大半の場合が数百万円と言った形で資本金の払い込みをするというのが一般的です。

尚、資本金と言うのは現金が一般的なのですが、現金以外にも現物出資と言う方法も在ります。


但し、現物出資が出来るのは会社設立の中での発起人のみであり、他の人は現物出資は出来ません。



また、会社設立を行う時に作成する定款の中で現物出資を行う事についての記載が必要であり、これを忘れると定款の認証を得ることが出来ないので注意が必要です。


幾つかの諸条件が有るので、条件を満たしているか否かを確認しておく必要が有りますが、有価証券などの場合も現物出資が可能です。但し、有価証券の場合は、定款の認証日での最終市場価格を定款に記載する事になり、この額が相場を超え無い場合は検査役の調査が不要となりますが、そうではない場合は、検査役の調査が必要になると言った特徴が在ります。尚、現物出資として計上できる財産と言うのは大半の品物が可能になりますが、金額的に安い物を現物出資してもメリットはなく、一般的には不動産や債権、有価証券などの価値が高いものを現物出資として資本金の不足分を補うケースが多いと言われているのです。

会社設立をしたいと考えている場合には、どのような準備をすればよいのでしょうか。
今回は、会社名の決め方についてご紹介します。



会社名は非常に重要です。なぜならば、これからあなたがつくろうとする会社の顔だからです。また、会社名はあまり頻繁に変更するものではありません。
もちろん、一度つけた名前を変更することは可能です。しかし、頻繁に会社名が変わる会社はあまり信用されないばかりか、お客様に会社名を覚えてもらうことが難しくなります。
ですから、最初からしっかりとした会社名をつけることが重要なのです。


会社設立をする際に行う商業登記時に、会社名が必要となります。
会社設立登記を行う前までには、自分の会社の名前について決めておくことが必要です。それまではじっくりと考えるようにしましょう。
そうすれば、悔いのない会社名をつけることができます。

会社名をつくるときには、まずはわかりやすさが重要です。

発音しやすい名前であれば、人々に覚えてもらいやすくなります。

また、事業内容に関連する名前であるとさらに良いでしょう。

会社名を聞いただけで事業内容を想像できることが理想となります。

なかなか会社名が決まらない場合には、事業に関連するキーワードを書きだしてその中から名前にふさわしいキーワードを選んでもよいのです。後悔のないようにしっかりと考え、自分の会社にふさわしい立派な名前をつけてください。


そうすれば、会社にも自然と愛着が持てるようになります。

関連リンク

  • 国内には作業服を製造販売しているメーカーはいくつかありますが、その中でも老舗と呼ばれているブランドのひとつにクロダルマという会社があります。ここは製造している製品の85%以上が作業服関連のものであるという、まさに作業服専門のブランドとなっていることから業界の中でも特に有名どの高い企業となっています。...

  • 作業服を選ぶ時は作業をしやすいように内容を比較して決める方法が望ましく、通販サイトなどを使うと便利です。クロダルマは人気が高いメーカーで、カタログなどを参考にすると自分に適した種類を探すことができます。...